よくある質問

なぜ1年半も公開しないのですか?

特許制度というのは、有用な技術を世の中に公開して貰う見返りとして、特許権という独占権を与えるという制度です。
従って、本来は、特許権を与えるまでは、出願の内容は秘密にしておくべきです(発明者としても、何らの見返りもなしに自分の大切な発明が公開されるのは不本意でしょう)。
ただ、特許庁における審査期間が長くなると、(特許されて)公開されるまでの期間が長くなり、別々の人から同じような発明がどんどん出願されるという事態が発生します。
そこで、不本意ではありますが、1年半で公開することにしたものです。
なお、1年半という長さは、(パリ条約・国内)優先期間1年に、公開の準備期間を加えたものです。