よくある質問

学会発表をしても、その後6ヶ月以内に特許出願すれば大丈夫と聞きましたが?
特許は、未だ世の中に無いものを世に出して貰うための制度ですので、既に世の中にあるもの(発表されたもの)には与えられないのが原則です。発明した本人が発表した場合も同じです。しかし、その原則をあまりに厳格に適用しますと、学問の進歩を阻害するおそれがあります。そこで、一定の要件を満たす場合には、その発表はなかったものとみなします。これが「新規性喪失の例外」と呼ばれる制度です。
(詳しくは、「発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための出願人の手引き」をご参照下さい)
ただし、このような新規性喪失の例外の取り扱いは国ごとに異なり、日本では例外が認められても外国では認められないことがありますので、外国に出願を予定されている場合には、できるだけこの新規性喪失例外適用制度に頼らないようにするのが望ましいと言えます。