よくある質問

商号・屋号・店名は商標登録をする必要がありますか?

まずは、商号・屋号・店名の区別をしておきましょう。
商号とは、会社の登記簿上の表記で、いわば会社の戸籍名です。個人営業の場合も商号を登記することができます。商号の例としては、「トヨタ自動車株式会社」や「八百市商店」等があります。

屋号・店名は、対外的に営業を表す名前のことを言います。店名は言葉で表されるものだけを指しますが、屋号には言葉の他、記号なども使われます。商号がそのまま屋号・店名として用いられることが多いようですが、商号とは別の屋号・店名を使うこともあります。例えば、「ガスト」や「バーミヤン」という店名のレストランチェーンは「株式会社すかいらーく」により展開されています。

屋号・店名は対外的に営業主体を表す名前や記号等ですが、それが商品に付けられた場合には「商標」となります。お客さんは、その商標により商品の出所(しゅっしょ・でどころ)を判断し、その商品が気に入れば、次回以降も同じ商標が付された商品を買おうとします。不動産やレストランのようなサービスの場合も同様で、店の看板や料理皿に付された名前・マーク等の商標で各社のサービスを区別し、それが付された店に次回も行こうとします(サービスが良かったら)。このようなお客さんの信用が蓄積しますと、その商標には大きな財産的価値が生まれます。商標登録は、このような財産的価値のある商標、或いは、財産的価値が生まれるであろう商標を登録しておき、他人が同一・類似の商標を同一・類似の商品やサービスに使うのを防止する役割を果たします。

従って、商号自体は特に商標登録の必要はないと思われますが、それを屋号や店名として対外的に使用し、その名前・マーク等でお客様の信用を獲得していこうとお考えであれば、商標登録をしておくべきです。