よくある質問

キャラクターは、商標・意匠どちらで権利を確保すべきですか?

マンガやアニメのキャラクターは絵で表現されます。一方、ひこにゃんのような着ぐるみキャラクターは、元々は絵であったものもありますが、最初から立体的な姿形で生み出されるものもあります。いずれにせよ、それらは美術の著作物ということで、著作権により保護されます。したがって、他人が絵柄や着ぐるみをそのまま複製する行為に対しては差止を求めることができます。

ただ、著作権法において著作物は「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」と定義されています。お菓子の包装等に付されたキャラクターの絵柄が「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」と言えるかは問題となることが多いと思われますので、これに対しては商標登録をしておくのが適切であると考えられます。

なお、意匠権は物品の形状等を保護するものであり、キャラクターの形をした置物などは意匠登録により保護されますが、物品を離れた絵柄自体は意匠権の保護の対象外です。

まとめますと、何らかの商品に付けて、そのキャラクターによりその商品を覚えてもらおう・買ってもらおうと考えるのであれば、商標登録をしておくのが良いと思います。