よくある質問

審査せずに登録するのは、おかしくはないですか?
「登録」=[権利]では必ずしもありません。実用新案の場合、「登録」は単に(その考案が完成して特許庁に届け出た)日付を確定するものと考えれば納得がいくかもしれません。本当の権利(つまり、差止請求権、損害賠償請求権)が必要になったときに、技術評価請求(これも一種の審査のようなものです)をするか、特許出願に変更して審査をしてもらうことになりますが、そのときにこの日付が重要となります。