よくある質問

実用新案と特許の違いは何ですか?

技術的なアイデアを保護する、という点では同じですが、保護される対象の広さ、保護される期間の長さ、そして、保護の仕組み等に様々な違いを設けてあります。

保護される対象は、特許の場合は、モノ、方法、プログラム等、広い範囲に亘るのに対し、実用新案の場合は、「物品の形状・構造・組み合わせ」に限られています。従って、方法や物質やプログラム等は保護の対象となっていません。

保護される期間は、特許では出願から20年であるのに対し、実用新案では出願から10年です。

最も大きな違いは、保護の仕組みでしょう。特許は、出願した後、それとは別に「審査請求」をして審査をしてもらい、それをパスしたものだけが「特許」となります。それに対し、実用新案は、出願をしても審査されることなく、全て「実用新案登録」されます。詳しくは、弊所HP-専門用語解説-実用新案-実用新案権の効力 をお読み下さい。