ミラノ通信

LINE乗っ取られ事件

2016/12/31

大変便利なメッセージングアプリ。こちらイタリアでは、WhatsApp(ワッツアップ)というものが使用されています。日本は断然、LINEを使っている人が多いのではないでしょうか。日本の方に「ワッツアップ」と言ったとしても知らない人の方が多いと思いますが、逆にこちらでは「LINE」と言っても通じません。面白いですね。

年末のある日の午前。突然にKKちゃんと私に、じゃんじゃんと電話やメッセージが来るようになりました。何かと思ったら、「KKちゃんのLINEが乗っ取られているのでは?」 というではありませんか。

LINEアカウントの乗っ取りなるものが存在するというのは、どこかで聞いたことがありましたが、いったい、それがどのような被害をもたらすのかについては考えたことがありませんでした。

今回、このようなことになって初めて知ったのですが、次のような実に危険な詐欺行為が行われるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
乗っ取られKK 「今忙しい?」
LINEの友達 「大丈夫だよ」
乗っ取られKK 「ちょっと手伝って欲しいんだけど?」
LINEの友達 「どうしたの?」
乗っ取られKK 「近くのコンビニでBiTcashカードを何枚か買ってきて欲しいんだけどいいかな?」
LINEの友達 「何それ?」
乗っ取られKK 「ファミマ、セブン、ローソンなどのコンビニに売ってるよ」
(写真が送られる)
「5万円のを1枚買ってきて欲しい」

LINEの友達 「急ぎ?」
乗っ取られKK {買ったら、裏を削の(※ママ)コードを写メってLINEに送って欲しい」
(写真が送られる)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本語も少し不自然な表現なところがありますし、大多数の人は「何かあやしい、KKちゃんではない感じがする。しかも5万円分なんて」 と気がつくはずですよね。でも、真に受ける方もおられたのです。

私たちと仲の良い京都在住の60代の夫婦は、なんとこれを本当にKKちゃん本人だと思い、5万円を握りしめてコンビニまで行ってしまいました。その間に確認しようとしてKKちゃんに何度か電話してくれたそうですが、彼女は対応に追われて電話に出ることができず。そこで最後の確認をと考え、別の知り合いに電話してみたところ、「それは詐欺だよ」と言われて購入するのを思いとどまったそうです。

危なかったです!

LINEの会社に乗っ取られ報告を行った後、1日ほどでKKちゃんのアカウントは無事に削除されました。

皆様もお気をつけください。

2016/12/31 ヤマネ@Milano