ミラノ通信

グルテンフリー

2017/05/31

イタリアでいま、何がブーム? と質問されるとすると、「グルテンフリー」と答えたくなる。それくらい広がっています。

グルテンフリー。イタリア語ではSenza Glutine(センツァ・グルーティネ)。

イタリアではここ数年、この小麦を中心としたタンパク質を避けるという食べ方が市民権を得て参りました。スーパーにもグルテンフリーコーナーがありますし、レストランでも表示がされているところが増えて参りました。

小麦粉が使われている料理といえば、パスタやピザをはじめとするイタリア食のまさに王道ですので、これらを口にしないということは食事の楽しみを諦めるということとほぼ同一。

それでもグルテンフリーの道(?)を選ぶ人が少なくないのは、体調不良が改善されるからだそうです。

気のせいでは...。と笑ってはいられません。グルテン含有のものを取ると実際に具合が悪くなる人もいるので、心理的な問題を超えていると言わざるを得ないと思います。

何を食べるかは個人的な問題ですが、グルテンフリーを実践している人を家に招待するとなると気を遣います。違う献立を用意する必要があります。もちろんその人自身も遠慮がちなようですが。

単なるブームさ、と高をくくっている私もグルテンフリーをやってみたら。ん? なんだか体調がいいぞ。いやいや、気のせい気のせい。

2017/5/31 ヤマネ@Milano