ミラノ通信

バイクシェアリング

2017/10/31

ミラノの街を歩いていると、放置されている自転車が多いことに気付かれるでしょう。

これはミラノ市の承認のもと、Mobike(モバイク)、Ofo(オフォ)、というそれぞれ別の2社が開始したバイクシェアリングシステムです。

これまでミラノにはBikeMe(バイクミー)というバイクシェアリングシステムが存在してきましたが、これはバイクのステーションからステーションまでの移動しか許されませんでした。

Mobike、Ofoのすごいところは、基本的にどこにでも乗り捨てすることができるところなんです。

使い方は簡単です。事前登録しておいた後に...

・路上に駐めてあるシェア自転車を見つける。アプリで地図上から探すこともできる。
 この状態で自転車は後輪に取付られているリング錠で施錠されている。
・自転車に付いているQRコードをアプリでスキャンすると、自動でカシャンと解錠する。(どういう仕組みなんだろう?)
・乗って、好きなところに行く。
・ライドが終了したら、リング錠をくるっと回して施錠する。これで終了。
・施錠したことにより、アプリにライドの終了通知が送られてくる。

しかも30分で30セントしかかかりません。これは安い。

今まではトラム・バス・地下鉄・車・徒歩・(そしてタクシー)といった選択肢しかなかったミラノの移動の仕方に、自転車が加わったのは大きな驚き。盗難の心配もないし、しかも、車やバイクなどと違ってかなり自由度が高く移動できるのでかなり楽しいです。

2017/10/31 ヤマネ@Milano