ミラノ通信

iPhone X

2018/02/28

奮発してiPhone Xにしてみました。

iPhoneが発表されたのは私がイタリアに移住した2007年のこと。スマホというものが世の中に登場し、気がつけば私も使うようになっていました。イタリアでも今ではほとんどの人がスマホを持っています。

外国に住みながらにして表示言語を日本語に設定することができ、さまざまなメッセージングアプリやメールを通して簡単に情報を得たり発信したりできる。すこぶる便利です。また、小学館の伊和中辞典のアプリがiPhoneの中に入っていることも極めて助かっています。ほとんど毎日のように使っています。

昨日は車で走っていると電光掲示板に nevischio という単語があったので調べてみたら、「みぞれ」という意味でした。ネヴィスキオ。初めて聞きました...。

2年ほど前から使ってきたiPhone 6S Plusの速度が若干遅くなってきたような気がしていたのと(バッテリーに関連してOSに仕組まれていた問題であると発表されていましたが)、どうも寸法が自分には大きいので、そろそろ替え時かなと思っていたのです。

きっと皆がすることでしょうが、iPhone Xに関してウェブで調べてみました。するとiPhone Xの評価ときたら、「思ったほど売れていない」とか「使いにくい」とか、「スティーブジョブズが生きていたらこんなものは出さない」など、案外ネガティブなものであふれているのです。その結果、1ヶ月ほど私は購入するのを控えることにしました。

1月の終わりに友人と出会った時に、彼がiPhone Xを持っていたので使い心地を尋ねたところ、「良いよ!」ということでしたので、背中を押された気になって私もえいやっと購入してみたというわけです。

結果としては...非常に満足しています。サイズ感も良いですし、顔認証も非常に早く、しかも物理ボタンが無くなったことでスムーズな操作ができます。写真も美しいです。

ウェブの情報から得られる情報や印象は事実と異なることがあるのだなあと身をもって感じました。

以前にミラノでお会いして知り合った日本の方から1週間ほど前にメールが来て、
「イタリアに住むために情報を得たいと思って調べているんですが、先日仰っていたような事をネットでは見つけることができなかったんです。もう少し伺っても良いでしょうか?」
と書かれていました。

膨大な情報があふれているように思えるウェブですが、実際の情報にたどり着けないこともあるし、ゆがんでいることもある。何事も自分で体験したり、真の声を聞くように努力する姿勢を大切にしなければいけないと、iPhone Xを手にしながら思いました。スマホ中毒にならないように気をつけます!

2018/2/28 ヤマネ@Milano