ミラノ通信

NYダンス教室

2018/05/31

ニューヨークから友人のMJが遊びにきました。

MJは日本人女性ですが、二十年ほど前にニューヨークに渡りダンスの学校でヒップホップダンスを習い、今は他の人にダンスを教えている人です。

数年前に私と妻のKKちゃんがニューヨークに行った際に別の友達を経由して知り合ったのですが、彼女がイタリアに来たいということでうちに泊まってもらいました。

MJは日本生まれ育ちなのですが、米国生活が長いせいか、アメリカンな感じが漂っています。話し方や振る舞いも合わせると、すごくアメリカ的で素敵(?)でした。この調子でいけばきっと私も10年後にはチョイ悪おやじになっていることでしょう。ご期待下さい。

MJが来ているというので、ミラノ在住の他の友達も集まってダンスの基礎を教えてもらおうということになりました。大変感心したのは、さすがプロ。MJは教えるとなると1時間ほど部屋にこもって準備をしたのです。

10人ほどの友達が集まって始まりましたダンス教室。MJ曰く、「誰でも恥ずかしさがあるけれど、誰もあなたの事なんか見ていないから。練習すれば誰だって踊れるようになるよ」ですって。

あと、「黒人は生まれつきリズム感があって上手に踊れると思っている人が多いけれど、それは全くのうそ。人種にほとんど関係なく、最初はみんな下手なんだけどだんだん上手になるのよ」

なんと勇気が沸いてくる言葉なのでしょうか。

もちろん今回はダンスの初歩の初歩なので、見よう見まねでやるしかありません。先生が踊るのを見ると、惚れ惚れするような体の動き。しかしそれにも増して、みんなが楽しく踊れるようにリードしてゆく教え方のうまさ。自分がほんの少しだけでもダンスができるような錯覚に陥りました。

私は生まれてこの方ダンスなんて出来ませんでしたから、新たな可能性を知ることができて興奮しました。それにしても一つのことに集中して取り組んできた人の次元はやはりすごいですね。次にMJと会えるのはいつのことになるでしょう。

2018/5/31 ヤマネ@Milano