ミラノ通信

大家さんの判断

2018/10/31

徐々に寒くなって来ましたミラノ。私は大の寒がりですので冬をどのように乗り切るかが毎年の課題になっています。

10月になり、異常に温かい日もあったのですが徐々に気温が下がってきました。今年もまた冬が来る! (当たり前です)

家の中をどのように温かくするか。全ての部屋に行き渡っているいわゆる温水ヒーターがあるのですが、ぼんやりとしか温かくならないのです。

それで私には天才的な閃きがあったのです。Stufa a pelletを設置する! ストゥーファ・ア・ペレというのは、木材チップを燃焼させて温風を出すというストーブのことです。温風が出るのでたとえ手足がコチコチに冷えきっていたとしても短時間でぬくぬくすることでしょう。

大家さんのルイージ氏に「Stufa a pelletをつけても良いですか?」と尋ねてみたところ「出会って話しをしよう。来週の火曜日に家に行くよ」と。

火曜日。ルイージ氏がやってきました。「Stufa a pelletなんだけどね。いまの暖房の温度を上げさえすれば温かくなるじゃないか。いらないと思うんだよね」

と言われてしまいました。「はいわかりました。あなたが大家さんですからね」と私は心の中でいじけながら従順さを示したのでした。

明らかに落胆した私をみたKKちゃんは後で大笑いしていました。ルイージ氏は寒がりの人の気持ちなんてわからないんでしょう。...という私は暑がりの人の気持ちがわかりにくいんですけどね。

今年の冬も温水ヒーターで乗り切りますか。

2018/10/31 ヤマネ@Milano