ミラノ通信

ミラノ通信の最終回

2019/01/07

みなさま元気にお過ごしですか。唐突なのですがこれが最後のミラノ通信になります。

まずは1年と思って移ったイタリアに11年。長いのか短いのかわかりませんが時間は流れました。京都国際特許事務所の皆様、とりわけ小林会長、中村所長には言葉にできないほどお世話になりました。温かく勇気づける言葉をいつも頂いたこと、決して忘れません。本当に本当にありがとうございました。

私はイタリア人化が進み、日本語がしどろもどろになってきた...というようなことはなく相変わらず頭の中は関西弁でやっております。「なんでや...」「えー感じやん...」。愛妻のKKちゃんとももちろん関西弁で話していますのでご安心下さい。

今後どうなるかは未知なのですが、イタリアに住みながら学んだことを大切にしながら精進して参る所存です。
・言葉は語「学」である必要はない。
・にっこり微笑む。
・人のことを誉める。
・自分の失敗を笑い飛ばし、前を向いてポジティブに生きる。
・大きな声ではっきり話す。
・人と過ごす時間を大切にする。
・少々お腹が出ても大丈夫。(おまけ)

11年以上もミラノ通信にお付き合いいただきありがとうございました。小林先生、このような貴重な機会とそして書きためた資産(?)を与えていただきありがとうございました。

では皆様、またいつかどこかでお会いしましょう! Arrivederci!

山根 力

2018/12/28 ヤマネ@Milano