事務所概要

弁理士ブログ

潮干狩り

2010/08/06

毎年夏休みに登山をすることが我が家の恒例となっているのですが、今年は、大学受験生の息子の予定と合わず、登山は取り止めることにしました。かといって、小学6年の息子を夏休みにどこにも連れて行かないわけにはいかず、さて、どこに行こうかと考えていたところ、高3の息子が突然、潮干狩りに行きたいと言い出しました。

小さい頃から両親に連れられて、毎年のように潮干狩りに行っていた私は、結婚後も何度か夫や子供と一緒に潮干狩りに出かけていたのですが、子供たちが大きくなって部活動や何やらと忙しくなったため、ここ何年かはすっかり足が遠のいていました。

潮干狩りは、たいてい5月下旬~6月初旬に出かけていたため、息子からの突然の申し出に、「夏休みに潮干狩り?」と初めは取り合わなかったのですが、いろいろと調べてみると夏でも潮干狩りが可能であることが分かりました。どうも、気温が低いと長時間に海に入ってアサリをとり続けることができないし、気温が高いと採ったアサリを持ち帰るまでに死んでしまう、という理由から、私の両親は5月下旬~6月初旬に潮干狩りに行くことにしていたようです。

早速、大潮の日を調べ、潮干狩りを兼ねた海水浴の計画を立てました。息子たちは行く前から、アサリを採りすぎた場合の心配をしていますが、以前と違ってそれほど採れないだろうと私は思っています。とはいえ、久しぶりの潮干狩り。どのくらい採れるか楽しみです。

市岡 牧子