事務所概要

弁理士ブログ

味噌煮込みうどん

2018/02/06

寒くてたまらない日が続いています。
私の地元では、先日、雪が40cmほど積もりました。
昨年は60cm積もったので、まだ、ましですが。

1月、名古屋に出張に行き、いつものきしめん屋に入った際に、
あまりに寒いので、あったまるものがいいなということで、つい、
きしめん屋なのに「味噌煮込みうどん」を注文してしまいました。
(インスタやらないので、写真はありません。)

味噌煮込みうどんに使われる味噌は、「赤味噌」と呼ばれる、
濃い赤色、というより黒に近い赤色をしたものです。
(なので、あまりインスタ映えしないと思います。)

この赤味噌が今、騒動になっています。

名古屋の一般人は、赤味噌のことを「八丁味噌」と呼ぶことがあるのですが、
もともと「八丁味噌」というのは、
岡崎城(徳川家康の居城)から距離が八丁(1km弱)のところで
製造される味噌という意味だそうです。
現在、この条件に該当する赤味噌の製造業者は2社だけとのことです。

この2社が、「八丁味噌」と呼べるのは自分達の味噌だけだ、と主張し、
他の数十社と対立しているのだそうです。

この対立自体は、かなり前からあり、
特許庁の「地域団体商標」では、
2社と数十社が別々に「八丁味噌」という名称で出願し、
現在のところ、どちらも登録を受けていません。

ところが、農林水産省の地理的表示保護制度(GI)では、
2社と数十社が別々に「八丁味噌」を出願したのに、
数十社の方だけに登録を認めてしまいました。
2社の方は(うどんを煮ずに)腸を煮えくりかえらせているのではないでしょうか。

これだけこじれると、
誰かが2社と数十社の間で仲立ちしないと、解決しそうにありません。

京都から出願された地域団体商標では、
行政が仲立ちして業界を1つにまとめた案件があった、と聞いています。

農林水産省は片方の肩を持ってしまいましたので、
愛知県庁あたりが仲立ちするしかないのでは、と思います。

谷口 聡