専門用語解説

著作権

著作権

著作権は、文学、美術、音楽、映画等を創作した人(又は人々)を保護するための権利です。
また、実演、CD、放送等によりそれらの著作物を人々に伝達する人々も保護します(著作隣接権)。

「著作権」の意味

「著作権」という言葉は色々な意味で用いられます。

狭い意味では、複製権等の財産的な権利のみを指します。
これに対するのが「著作者人格権」と呼ばれる権利です。

これらをまとめて、「著作権」と呼ぶこともあります。これは広い意味で用いられています。

さらに広く、「著作隣接権」も含めて、もっとも広い意味で「著作権」と呼ぶこともあります。

著作権の内容

財産的権利としての著作権(狭い意味での著作権)は1つの権利ではなく、複製権、上演権、公衆送信権等の種々の具体的な権利の総称です。このため、著作権は「権利の束」とも言われます。

著作者人格権

狭い意味での著作権(財産的権利)は他人に譲り渡すことができるのに対し、著作者人格権は決して創作者から離れることはありません。

著作者人格権には、公表権、氏名表示権、同一性保持権の3つの権利が含まれます。

特許権との違い

著作権制度は、「文化の発展」を目的とするものです。「産業の発達」を目的とする特許制度と大きく異なるところです。

また、著作権により保護されるのは思想、感情の「表現」です。技術的「思想」を保護する特許権と、ここでも大きく異なっています。

もう一つの大きな違いは、特許権の場合は、たとえ他人が独自に発明をしたものであってもそれに権利が及ぶ(差し止めることができる)のに対し、著作権は他人が独自に創作したものには及ばないということです。