専門用語解説

知的財産権

知的財産権

特許権、著作権等を財産的側面から捉えた呼び方です。平成14年に制定された知的財産基本法では、「『知的財産』とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(発見又は解明がされた自然の法則又は現象であって、産業上の利用可能性があるものを含む。)、商標、商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示するもの及び営業秘密その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報をいう。」とされています。また、「『知的財産権』とは、特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利又は法律上保護される利益に係る権利をいう。」とされています。

知的所有権

特許権、著作権等の独占的実施権が、土地等のモノの所有権に類似する点に着目した呼び方です。

「知的財産権」が取引の対象としての財産的価値に主眼を置くのに対し、「知的所有権」は権利者側から見た独占的権利に主眼が置かれることが多いという違いがあります。

法律上は前述のように「知的財産権」という言葉が使われ、「知的所有権」という言葉は使われていません。

一部に、「知的所有権登録」という制度があるように誤解されていますが、これは民間業者が行っている一種の事業で、何の法的効果もなく、むしろ特許を取る際には障害となることがあります。