専門用語解説

知的財産権

知的所有権

特許権、著作権等の独占的実施権が、土地等のモノの所有権に類似する点に着目した呼び方です。

「知的財産権」が取引の対象としての財産的価値に主眼を置くのに対し、「知的所有権」は権利者側から見た独占的権利に主眼が置かれることが多いという違いがあります。

法律上は前述のように「知的財産権」という言葉が使われ、「知的所有権」という言葉は使われていません。

一部に、「知的所有権登録」という制度があるように誤解されていますが、これは民間業者が行っている一種の事業で、何の法的効果もなく、むしろ特許を取る際には障害となることがあります。