専門用語解説

特許

発明

特許法では「自然法則を利用した技術的思想の創作」と定義されています。

「自然法則を利用した」という要件は、数学的な理論等の理論そのものや、ゲームのルールなどの人為的なとりきめだけで成り立つものを除外する、というものです。その点で、商売のやり方などのビジネス発明は特許の対象になりませんが、コンピュータやネットワークを利用した形態にすることにより、「自然法則の利用」と解釈され、特許の対象となり得ます。