専門用語解説

商標

登録要件

商標が登録されるには、大きく分けて次の2つの要件を満たす必要があります。

1.絶対要件:商標の基本的役割は、市場において自社の商品やサービスを他社の商品やサービスから区別するということです。このような役割を果たすことができない文字や図形等は登録されません。具体的には、テレビという商品に単なる「TV」だけという商標は登録されません。また、コーヒー店にコーヒーカップの図形だけでは登録されません。

2.相対要件:既存の登録商標や有名商標と同一・類似の商標は登録されません。この要件により、逆に、登録された商標は、日本国内において唯一であることが保証されます。