専門用語解説

商標

マドプロ出願(国際登録出願)

マドプロとは、「マドリッド・プロトコル」の略です。正式には「標章の国際登録に関するマドリッド協定の1989年6月27日にマドリッドで採択された議定書」と呼ばれる国際条約で、日本では2000年3月から発効しています。

特許における国際出願(PCT出願)と同様、国際事務局に1つの出願(国際出願)を行うことにより、多数の国(指定国)への商標登録出願を行ったと同様の効果を得ることができます。国際事務局への出願は日本国特許庁を通して行うことができますが、出願書類は英語又はフランス語で作成する必要があります。

指定国各国において審査がなされ、所定期間(国によって異なりますが、その国に通知された日から1年又は1年半)内に拒絶の理由が通知されない場合、その国において商標登録がなされたものとみなされます。
従って、指定国において特に問題が無い場合、その国の特許庁(商標庁)や代理人とやりとりをすることなく、その国で商標権が発生します。

指定国で拒絶理由通知が出されたときは、国際事務局を通じて出願人に拒絶理由通知書が送られてきます。これに対しては、一般的にはその国の代理人を通してのみ、その国の特許庁(商標庁)に応答(補正・反論)することができます。