専門用語解説

商標

指定商品

商標登録出願する際、その商標をどの商品について使用するかを指定する必要があります。これを指定商品と呼びます。あらゆる商品は第1類~第34類に分類されており、出願時には、商品名の他、それが属する類も指定する必要があります。