専門用語解説

商標

商標

文字、図形、記号、立体的形状等(これを「標章」と呼んでいます)であって、商品やサービス(法律上は「役務(えきむ)」といいます)に関して使用され、市場において自社の商品等を他社の商品等から区別するために用いられるものです。

消費者は、商標を目印に商品やサービスを選択します。従って、有名な商標には多くの消費者の購買意欲と信用が蓄積されることになります。

この点を理解すると、商標権の本質は単に「商標」という文字や図形等を保護するのではなく、その商標に蓄積された信用を保護する制度であるということがわかります。